スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護の漫画やら本やら

子供たちが旦那実家にお泊りな今日。
只今朝の6時前。
4時に起きてお風呂入って、洗濯物を干しながら
勉強を始めましたが、ね・・・・眠い。
7時半には小学校に集合なので行かなくちゃいけないのですが、あー正直面倒だ(涙)
誰も嫌がってやらないお手伝いだったので、ここぞとばかりに引き受けたけど、せっかくの子供との休みがダメになってしまうのはちょっと悲しいですね。

そんな私は昨日図書館で6時間勉強をして燃え尽きて家に帰ってきてからは以下の本を読みふけってしまいました(苦笑)


 

私の大好きな佐々木倫子さんが描いて、尊敬している小林光恵さんが脚本を書いたこの本。
小林光恵さんは、2年間臨床の現場にいてその後作家になっているようです。
似鳥は大体が小林さん本人の姿のようです(笑)
ナースになりたいと思うかなり前から読んでいましたが、最近また読むようになりました。
私は多分似鳥にはなれないけど、彼女の勘違い気味な向上心や単純さを見習いたいなあと思う今日この頃です。
何度読んでも面白いです。
似鳥が2年目の立場になりちょっと成長していく姿で終わっているので、さらに成長した姿もみてみたいなあ・・なんて。

小林光恵さんの本もお勧めですよ。
「進め天然ボケナース」なんかもいいです。

ついでに、受験前に読んでいたこの本


看護界のさくらももこと言われている方ですが、彼女が経験したことを通して生命倫理や、看護師の役割など考えさせられます。
気難しくなく、文章もとても面白くあっという間に読めてしまう本です。
試験が落ち着いたらまた読みかえしてみようと思っています。
受験前、看護学生、看護師になってから・・それぞれの立場の変化で読んでみるとまた違った感想がでてきそうな本です。

最近気になる本は

内容(「BOOK」データベースより)
著者氏が、日本看護協会機関誌「看護」で、現在必要とされる臨床看護能力とは何かを追求した連載が、一冊の本に。本書は、体温、脈拍、呼吸、血圧などのバイタルサイン技法、そしてアセスメントに役立つ有効な聴診器の使い方を具体的に詳述。また、“安静”の害や死後の処置についての古いしきたりの廃止も提唱。第一線の臨床ナースの実践能力が確実にアップする技の数々を伝授する。

聖路加病院理事長の日野原先生の書いた本です。
講演会のビデオを見て興味を持ちました。
「医療界を変えるためには法律やぶっちゃえよ!」的な考え方が素敵。
看護師は、最先端の医療の知識も持っていなければならない。そして間違ったバイタルサイン測定をしていないか。何も根拠を考えないで決まりごとのように看護をしていないか・・・そのことについて書かれている本です。
スポンサーサイト
最近の記事
プロフィール

himedaruma

Author:himedaruma
厄年女、2007年の夏看護師になろうと決意。
・小学生2人♂と、2歳♂の3人のママン
・文系大学卒業後、主に接客をする仕事に就く
・出産後まったり家業を手伝う
・厄年になる年に看護師になることを決意
・独学で子供が寝てから受験勉強
・地元のメジャーな学校4校合格
・4月から公立看護専門学校に通う事になる。

さて、どこまで頑張れるでしょうか。
よければ観察していってみてください。

ポチっとしていってください。
喜ぶらしいです(誰が?)
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ

カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ参考書など
  
  
 

・気になるアイテム
 

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。